メニュー閉じる

手紙、手書き、言葉のセンスと文章力を高める手紙文化振興協会

【ビジネスシーン】手紙の書き方コラム

ビジネスシーンでの暑中見舞い、残暑見舞い

 

全国的に梅雨が明けましたね。本格的な夏がやってきます。

日ごろお世話になっているお客様、お取引先の方へ感謝の気持ちを伝えるために、暑中見舞い、残暑見舞いを書いてみませんか。

普段メールやSNSしか使っていない方も、暑中見舞い、残暑見舞いならはがきに数行、書くだけです。

近年ではほとんど見かけなくなったからこそ、相手の心に響きやすい手紙です。

涼しげな絵柄や文面で、お相手に涼を届けましょう!

ぜひ、取り組んでみてください。

 

【暑中見舞いと残暑見舞い】

暑中見舞いは小暑(7月7日)から立秋(8月8日)まで届くように出すのが一般的で、 立秋(8月8日)を過ぎると残暑見舞いとなります。

残暑見舞いは8月いっぱいまでに出すのが目安です。

 

【文の構成】

① 暑中お見舞い申しあげます/ 残暑お見舞い申しあげます

② 書き出しのフレーズ(健康、近況を気づかうひとこと)

③ 本文

④ 結び

 

以下では、②、④の例文を載せておきます。 組み合わせて活用してください。

 

【書き出しのフレーズ/暑中見舞い】

・今年も暑い夏がやってきました。夏の陽射しが御社の発展を後押ししているようですね。

・夏本番です。お元気にお過ごしですか。

・ビールがおいしい季節になりました。ご無沙汰しております。

・空に向かって元気に咲くひまわりのように、御社のみなさまもお元気にお過ごしのことと存じます。

・目もくらむような暑い日が続きますね。いつも大変お世話になり、ありがとうございます。

 

【書き出しのフレーズ/残暑見舞い】

・秋の訪れが待ち遠しいですね。みなさまお変わりありませんか。

・まだまだ暑いですが暦は立秋をむかえました。いつもお世話になり、ありがとうございます。

・お盆休み(夏休み)はいかがでしたか。

・晩夏の候、ますますご隆盛のことと存じます。

・8月も残りわずか。例年にない暑い日が続いておりますが、御社のみなさまはお元気でご活躍のことと存じます。

 

【結びのフレーズ/暑中見舞い・残暑見舞い】

・どうかご自愛ください。

・またお会いできる日を楽しみにしております。

・暑さに負けず、元気に過ごしたいですね。

・お体を大切になさってください。

・元気に秋を迎えましょう。

 

 

ライター:手紙の書き方コンサルタント 西川侑希

| TOPにもどる |

PAGETOP