メニュー閉じる

手紙、手書き、言葉のセンスと文章力を高める手紙文化振興協会

手紙の書き方コンサルタント認定講座

手紙の書き方コンサルタント認定講座

受講の条件

・手紙の書き方アドバイザーⓇ1級資格の認定を受けていること
・パソコンが使える環境にあること

講座内容

座学(含むワークショップ)講座5日

 

10:00~17:00 6時間 (ランチ休憩1時間)×5日

 

当協会の認定講師(手紙の書き方コンサルタント)として活動し、継続的に収入を得るための知識やスキルを学びます。

言葉や文章の書き方のレッスンを積み重ねるほか、添削や書籍監修・執筆のための知識やスキルを学びます。

【事前の宿題】
 申込者にお伝えします。

【1日目】

・挨拶、カリキュラム説明

・講師の自己紹介、受講生の自己紹介

・言葉のセンスを磨くワーク

・レターアイテムについて理解を深める(一筆箋、便せん等)

・プロフィール講座1

 

【2日目】

・基本のNG確認

・文章力を高めるワーク(基本編)

・文章校正レッスン

・インタビュー形式/手紙にまつわる質問回答レッスン(基本編)

・マスターコンサルタントによる体験講座デモンストレーション

 

【3日目】

・プロフィール講座2

・通信講座『手紙の書き方講座』添削レッスン

・通信講座『手紙の書き方講座』質問回答レッスン

・メディアからの取材の受け方

 

【4日目】

・受講生による体験講座のデモンストレーション

・体験講座の開き方(自主開催の場合、他社開催の場合)

・ブログの効果的な書き方

・通信講座『書きにくい手紙の書き方講座』添削レッスン

 

【5日目】

・プロフィール講座3

・ビジネスシーンで成果につながる手書きのひと言講座

・文章力を高めるワーク(応用編)

・インタビュー形式/手紙にまつわる質問回答レッスン(応用編)

・全体の振り返り

・規約の読み合わせ

 

*カリキュラムは参加人数等によって変更になる場合があります。

 

 

【認定試験】

5日間の講座終了後、認定試験を実施します。

*認定試験は不合格者を出すためのものではなく、講師としての活動の幅を広げるために実施します。

 

 

手紙の書き方コンサルタント認定講座は、以下の講師が担当します。

東京開催:手紙の書き方マスターコンサルタント/青木多香子 + 代表理事/むらかみかずこ

大阪開催:手紙の書き方マスターコンサルタント/おかもと円果 + 代表理事/むらかみかずこ

 

 

 

 

資格を取得するメリット

資格取得後は、本協会の認定講師としての活動(主に通信講座の添削や、各種講座・企業研修・セミナー講師、書籍監修など)が可能になります。

認定講師としての活動には、協会から既定の報酬をお支払いします。具体的な報酬額については、講座内でお伝えしています。

 

ほかに、次のことが可能になります。

 

■(社)手紙文化振興協会 認定 手紙の書き方コンサルタントの呼称を使用することができます

 

■本協会が、メディア各社・企業・団体・カルチャーセンター等から講師紹介等の依頼を受けた際に優先的に紹介します

 

■本協会HP「認定講師」「講座スケジュール」「メディア実績」への無料掲載

 

■協会案内チラシの提供(無料)

 

■インターネット上のグループ「手紙の書き方コンサルタントの会」への参加権(無料)

 

■手紙の書き方コンサルタント認定講座のリピート受講(無料で受講できますが、先輩として受講生をフォローしていただきます)

 

■手紙文化振興協会が開催するイベント等への優待価格での参加

 

■ニュースレター・広報誌にて最新の情報提供(無料)

 

■毎月1回10分までの電話相談(要予約)

 

 

手紙の書き方コンサルタント会費について

入会金 無料

年会費 25,920円(税込) 初年後無料

 

*認定後、最初の10月よりご入金いただきます

 

 

年会費期間 10月1日~9月30日までの1年間

 

*更新しない旨の申し出がない場合、自動更新されます

受講生の声

◎5日間、盛りだくさんな内容で脳みそフル回転でした。これから体験講座や通信講座の添削業務をしていくにあたり、たくさんの不安もありましたが、講座のデモンストレーションや添削の練習があったので、なんとなく感覚をつかむことができました。添削はチェックリストや細かなアドバイスがテキストとしてあり、心強いです。プロフィール作成は自分と向き合う貴重な時間でした。なんとなく漠然と考えていたことが言葉や文章として少しずつ明確になっていき、講師としてのビジョンが見えてきました。とても濃い5日間でした。どんどん言葉に関心が高まっています。笑顔で明るく楽しい講座をありがとうございました。(安部砂緒里さん、北海道)

 

 

◎アドバイザーと比べ活動の幅が広がることにワクワクしました。メディア対応やブログ等の活用方法を知ることもできたので、今後の活動に活かしていきたいです。5日間の講座内容がとても充実しており、自分がレベルアップできたと実感しています。青木講師の指示やアドバイスが的確で、自分の文章のクセに気づくことができました。文章表現力が高まったと思います。とても刺激になりました。受けてよかったです!!(大山育さん、愛知県)

マスターコンサルタントからのメッセージ

青木

◎「私に講師が務まるかな」「まだまだ勉強が足りない」

そう思われている方にこそ、コンサルタント講座をお勧めします。なぜなら受講生の気持ちになって、学び続けることができる方だからです。手紙や言葉の学びは、奥が深く、終わりがありません。マスターコンサルタントである私自身も、日々、いただいた手紙に「こういう方法があったか!」「これは嬉しい!」と学び、手紙を書きながら「もっと伝わりやすい表現はないかな?」と言葉を磨く機会にしています。

大事なのは、「手紙って楽しい!」「手紙って難しいところもあるけど、やっぱりいいよね!」と心から思えること。ただそれだけです。その思いさえあれば、講師として必要なノウハウやマインドは、5日間のコンサルタント講座の中で身につけていくことができます。講師の仲間に出会えることも、これからの財産になります。協会と講師の仲間から応援してもらえ、あなた自身を成長させることができる資格を、ぜひ手にしてください。(青木多香子、千葉県)

 

 

岡本

◎わたしがコンサルタント講座を受講したのは3年前。当時、受講するか非常に迷いました。受講後の自分の姿があまりイメージできなかったからです。現在はカルチャースクール(実績18教室)、市民講座、企業研修、雑誌取材協力など多岐に依頼を受けています。

5日間の講座では実践的なワークが多く、受講後のみなさんのビジョンが明確になります。わたしが全力投球でフォローします。ともに学び、手紙文化を広めていきましょう。(おかもと円果、大阪府)

受講料、及び支払方法

手紙の書き方コンサルタント認定講座受講料

216,000円(税・教材費込)

 

 

【お支払方法】

 

銀行振込


法人名での領収書が必要な方は、別途、発行しますので、その旨、お申しつけください。

 

 

資格認定について

 

講座最終日に行う「認定試験」に合格したら、「手紙の書き方コンサルタント」資格を申請してください。

 

申請には、別途6,000円が必要です。

申請後、約2~3週間後に認定証をお送りします。

認定証受理後、「手紙の書き方コンサルタント」としての活動が可能になります。

 

なお、「認定試験」に不合格の場合は、再受講後の再試験が可能です(受講料は半額の108,000円です)が、当然のことながら受講生全員の合格を目指して講座を行いますので、不安に思う必要はありません。がんばってついてきてください。

 

 

 

フォームからもお申し込みいただけます

受講お申し込みはこちら

お電話でのお申し込み・お問い合わせ

Tel.03-5579-8899
受付時間 10:00~18:00(平日)

PAGETOP