メニュー閉じる

手紙、手書き、言葉のセンスと文章力を高める手紙文化振興協会

手紙の書き方講師になるには

資格取得までの流れ

手紙文化振興協会では、3つの資格を用意しています。

ここでは、資格取得の流れをお伝えします。それぞれの資格の詳細については、「講座案内」をご覧ください。

手紙の書き方アドバイザー®2級

  • ① 通信講座
  • ② 通信講座(オプション(別料金)で座学受講)

「手紙の書き方アドバイザー®2級」資格取得の流れ

手紙の書き方アドバイザー®2級資格を取得するためには、通信講座「手紙の書き方講座」を受講してください。

 

テキストは、「お礼の手紙」「お祝いの手紙」「送付の手紙」「お願いの手紙」「お見舞いの手紙」、各16ページ、全80ページです。

各テキストの最終ページに掲載してある課題に取り組み、手紙文化振興協会宛てに郵送してください。

添削後、受講生のみなさんのところに返送します。

 

特典

手紙文化振興協会がセレクトした一筆箋、レターパッド・封筒、ポストカード等をプレゼント!

 

受講料

32,880円(教材費32,400円+送料全国均一300円+後払い手数料180円、すべて税込)

 

支払方法

教材到着後の後払いです。
教材到着後、14日以内に後払い決済代行会社(株式会社キャッチボール)よりご請求書をお送りしますので、そちらをお持ちになり、お近くの郵便局やコンビニでお支払ください。

 

資格認定について

すべての課題が修了したら、教材に同封している申請書を使って「手紙の書き方アドバイザー®2級」資格を申請してください。

申請には別途1,500円が必要です。 申請後、約2~3週間後に認定証をお送りします。

 

資格認定後

「手紙の書き方アドバイザー®2級」の肩書きを名刺・ブログ・履歴書等に記載できます。


*通信講座「手紙の書き方講座」は、資格取得を目的としない人にも受講していただけます。

たとえば、

  • 気の利いたひと言がさらりと書けるようになりたい人
  • 正しい言葉づかいや敬語のつかい方を学んで、まわりと差をつけたい人
  • 文章を書くのが得意になって、自分に自信をつけたい人

に特におすすめしています。

「手紙の書き方アドバイザー®1級」資格取得の流れ

手紙の書き方アドバイザー®1級資格を取得するためには、次の2つの講座を受講してください。

  • 通信講座「手紙の書き方講座(上級編)」
  • 座学1日(10:00~17:00)

 

受講の条件

  • 手紙の書き方アドバイザー®2級資格認定を受けていること
  • もしくは、
  • 手紙の書き方アドバイザー®2級講座と1級講座を同時に申し込むこと

 

受講料

76,900円(税、送料300円込)

 

支払方法

銀行振込(前払い)

 

資格認定について

座学講座を受講するとともに、通信講座の課題がすべて修了したら、通信講座の教材に同封している申請書を使って「手紙の書き方アドバイザー®1級」資格を申請してください。

申請には、別途3,500円が必要です。申請後、約2~3週間後に認定証をお送りします。

 

資格認定後

手紙の書き方体験講座を開設できるほか、カルチャーセンター等での講座開講が可能になります。

認定時に協会から「手紙の書き方体験講座(標準90分)」の講座開講ツール一式をお渡しします。「手紙の書き方体験講座」開催にあたり、協会にマージン等をお支払いただく必要はありません(受講料はすべて講師の収入にしていただけます)。

 

 

2級+1級同時申込みについて

手紙の書き方アドバイザー®2級講座と1級講座を同時に申し込むと、受講料10%割引98,100円(税込、送料600円別)となります。 その場合の支払い方法は銀行振込(前払い)となります。

 

2級座学講座を受講する場合においては、2級+1級同時受講10%割引の適用外となりますこと、ご了承ください。

*通信講座「手紙の書き方講座(上級編)」は、資格取得を目的としない人や、手紙の書き方アドバイザー®2級資格を希望していない方にも、受講していただけます。たとえば、

  • 「お詫び」「お断り」「催促」といった、少し慎重に言葉を選ばなければならない場面においても、スラスラと文章が書けるようになりたい人
  • 正しい言葉づかいや敬語のつかい方を学んで、まわりと差をつけたい人
  • 文章を書くのが得意になって、自分に自信をつけたい人

に、おすすめしています。

手紙の書き方コンサルタント資格取得の流れ

 

手紙の書き方コンサルタント資格を取得するためには、座学講座(10:00~17:00)を5日間、受講してください。

 

受講の条件

  • 手紙の書き方アドバイザー®1級資格認定を受けていること
  • パソコンが使える環境にあること

 

受講料

216,000円(税込)

 

支払方法

銀行振込

 

資格認定について

講座最終日に行う「認定試験」に合格後、手紙の書き方コンサルタント資格を申請してください。

申請には別途6,000円が必要です。申請後、約2~3週間後に認定証をお送りします。

 

なお、不合格の場合は再受講後の再試験が可能です(受講料は半額の108,000円です)が、当然のことながら合格を目指して講座を行いますので、不安に思う必要はありません。がんばってついてきてください。

 

資格認定後

資格取得後は、本協会の認定講師としての活動(主に通信講座の添削や、各種講座・企業研修・セミナー講師、書籍監修など)が可能になります。

認定講師としての活動には、協会から既定の報酬をお支払いします。具体的な報酬額については、講座内でお伝えしています。

 

ほかに、次のことが可能になります。

 

■(社)手紙文化振興協会 認定 手紙の書き方コンサルタントの呼称を使用することができます

■本協会が、メディア各社・企業・団体・カルチャーセンター等から講師紹介等の依頼を受けた際に優先的に紹介します

■本協会HP「認定講師」「講座スケジュール」「メディア実績」への無料掲載

■協会案内チラシの提供(無料)

■インターネット上のグループ「手紙の書き方コンサルタントの会」への参加権(無料)

■手紙の書き方コンサルタント認定講座のリピート受講(無料で受講できますが、先輩として受講生をフォローしていただきます)

■手紙文化振興協会が開催するイベント等への優待価格での参加

■ニュースレター・広報誌にて最新の情報提供(無料)

■毎月1回10分までの電話相談(要予約)

 

 

【手紙の書き方コンサルタント会費について】

 

入会金 無料

年会費・25,920円(税込)初年後無料

*認定後、最初の10月よりご入金いただきます

 

年会費期間 10月1日~9月30日までの1年刊

*更新しない旨の申し出がない場合、自動更新されます

PAGETOP