書きにくい手紙の書き方講座[通信]|認定講座案内|手紙文化振興協会

お電話でのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

企業研修・ビジネスマン向け講座




HOME > 講座案内 > 手紙の書き方アドバイザー®1級認定講座 > 書きにくい手紙の書き方講座[通信]

書きにくい手紙の書き方講座[通信]

講座内容

講座内容

テキスト1 / お詫びの手紙

テキスト2/ お断りの手紙

テキスト3/ 励ましの手紙

テキスト4/ 催促の手紙

テキスト5/ お悔やみの手紙

 

 

テキストの「気持ちが伝わる手紙例」でポイントを確認し、

フレーズや言いまわしを考え、テキストに書き込んでいきます。

 

各テキストの最終ページにある課題に取り組んだら、手紙文化振興協会宛てに郵送してください。

添削後、受講生のみなさんのところに返送します。

 

 

【特典】

手紙文化振興協会が厳選した一筆箋、レターパッド・封筒、ポストカード等を教材としてお送りします。



講座の特長

お詫びやお断りの手紙というと、少し大それたものを想像してしまうかもしれません。

しかし、毎日の仕事や生活において、これらの場面は、意外とたくさんあります。


とりわけ、ビジネスシーンにおいて、お詫びやお断りは大切です。

たとえば、

  • 事情により約束をキャンセルしなければならないとき
  • スケジュールや予算の面から、どうしても依頼を断らなければならないとき

 

これらの場面では、言葉の選び方しだいで相手に与える印象が変わり、今後の付き合いに影響が出ることもあります。

さらに、

  • まわりの人のやる気を引き出す「励まし」
  • 相手がうっかりしていることをやんわりと指摘し、行動をうながす「催促」
  • 大切な身内を亡くし、落ち込んでいる人の心に寄り添う「お悔やみ」

など、社会人として身に付けておくべき言葉は、たくさんあります。

 

通信講座「書きにくい手紙の書き方」では、

少し慎重に言葉を選んで伝えるほうがよい場面での文章の書き方を学びます。

 

手書きの手紙にはもちろん、日々のメールのやりとりにおいても、大いに活かしていただけます。

 

この通信講座を通して、どんな場面でもスラスラと文章が書けるようになることを目指しましょう!

 

 

 

テキストサンプル

テキストは1テーマごとに充実の16ページ、全80ページ。

例文を参考に、思いつくフレーズを書き込みながら学習できるため、すぐに力になります。



受講の流れ

受講の流れ

最短で1~2カ月で、修了可能です。



受講料

講座内容

 

代金 37,800円(教材費・税込)
送料 全国均一 600円
(別途、後払い決済手数料180円を頂戴します)
合計 38,580円

 

【特典】

手紙文化振興協会が厳選した一筆箋、レターパッド・封筒、ポストカード等を教材としてお送りします。


通信講座の教材に、課題提出の際にお使いいただく封筒を同封しています。

郵送に必要な切手代(82円)だけ、各自でご負担ください。

 

 


お届けは約10日後、代金は安心・便利な後払いです。

お電話でのお申し込みはこちらから

フォームからもお申し込みいただけます

お申し込みフォームはこちら

認定講座一覧

  • 手紙の書き方アドバイザー®2級認定講座
  • 手紙の書き方アドバイザー®1級認定講座
  • 手紙の書き方コンサルタント認定講座

| 講座案内TOPにもどる

セミナー・講演依頼 受付中

メールやSNSが全盛の今だからこそ、手書きの手紙が見直されています。心に届く手紙術をお話しします。

実績・事例 ご依頼・お問い合わせ

PAGETOP