手紙の書き方アドバイザー®2級認定講座[通信]|認定講座案内|手紙文化振興協会

お電話でのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

企業研修・ビジネスマン向け講座




HOME > 講座案内 > 手紙の書き方アドバイザー®2級認定講座

手紙の書き方アドバイザー®2級認定講座

 

これまで完全通信講座として行っていた2級認定講座が、座学でも受講できるようになりました!

ご自宅やオフィスでマイペースに学習したい人は通信講座で、講師から直接、学びたい人は座学講座にお申込みください。

すべての課題修了後、手紙の書き方アドバイザー®2級認定資格が得られます。

講座内容

講座内容

テキスト1 / お礼の手紙

テキスト2/ お祝いの手紙

テキスト3/ 送付の手紙

テキスト4/ お願いの手紙

テキスト5/ お見舞いの手紙

 

テキストの「気持ちが伝わる手紙例」でポイントを確認し、

フレーズや言いまわしを考え、テキストに書き込んでいきしょう。
すると、自然に「こういう場面ではこういう書き方」という型が身に付きます。 

 

テキストは各16ページ、全80ページ。
各テキストの最終ページに記載している課題に取り組んだら、手紙文化振興協会宛てに郵送してください。

添削後、受講生のみなさんのところに返送します。

 

 

【特典】

手紙文化振興協会が厳選した一筆箋、レターパッド・封筒、ポストカード等をプレゼント!

 

 


講座の特長

1.気軽にはじめられる/ 通常で3行、長くても5~6行

 

手紙を書くといっても、長文を書く必要はありません

メールやSNSの発達により、めったに手書きの手紙を目にすることがなくなった今、長文の手紙やかしこまった定型文の手紙は、相手にプレッシャーを与えることもあります。

 

相手を思う気持ちは、文章の長さに比例するわけではありません。

お互いにいそがしい人同士なら、短い文章でまとめるほうが、ダラダラと長文を書き連ねるより好印象です

 

本講座で学習する手紙文は、通常で3行、長くても5~6行。


慣れていない人でも、気軽に取り組めます

 

 

 

2.すぐに使える実践的な内容/ 仕事でも、プライベートでも、役立ちます


手紙というと、「拝啓」「敬具」「貴社ますますご清祥のことと・・」「平素は格別のご高配を賜り・・」

といった定例表現を思い浮かべる人も多いと思いますが、

本講座では、こうした「かしこまった手紙の書き方」は学習しません。


これらの表現は、知識や教養として身に付けておくことは大事ですが、

日常的にやりとりする場面においては、少し大げさだと感じます。

 

本講座で学習するのは、

毎日の仕事や生活ですぐに使える実践的な文章です


本テキストを読み、課題に取り組み、戻ってきた添削に目を通すと、

自然と言葉のセンスが身につき、仕事でも、プライベートでも、おおいに役立つでしょう




3.ほかにはない添削講座/ 文章力がぐんぐん上達します


本講座の最大の特長は、添削指導をうけられる点にあります。

 

言葉力や文章力を高めるには、自分の書いた言葉や文章を客観的に見つめる必要があります。

それには、第三者から添削指導をうけるのが、いちばん効果的です

 

「受講生が課題を提出し、講師がそれに添削して戻す」。

そのやりとりは、まさに手紙のやりとりに通じます。

 

講師のやりとりを通して、文章力はぐんぐん上達していくでしょう

 


テキストサンプル

テキストは1テーマごとに充実の16ページ、全80ページ。
例文を参考に、思いつくフレーズを書き込みながら学習できるため、

すぐに力になります。


 

 

受講の流れ

受講の流れ

3つの学習パターン

     

最短で1~2カ月で、修了可能です。

 

 

 

受講者のお声

受講者のお声

アドバイスが具体的で、ためになります!

自分の書いた手紙を添削してもらえることが、新鮮でした。講師からのアドバイスが具体的で、何気なく書いた一文に対して「ここの文章は二文に分けたほうが読みやすい」とあり、ためになりました。テキストも見やすく、そのまま使える文例がたくさん載っている点がいいですね!

(東京都 遠藤あゆみさん 会社員)

受講者01

わくわくしながら勉強しました!

毎回添削が届くのが楽しみで、わくわくしながら勉強しました。「やさしさが伝わる良い手紙ですね」と褒めてもらい、すごくうれしかったです。「漢字ではなくひらがなで書くと印象が変わる」など講師からのアドバイスが刺激的で、もっと勉強したくなりました。

(埼玉県 佐藤美和さん 主婦)

受講者02

課題を通して、講師と文通しているようでした!

毎回丁寧に添削してもらいました。アドバイスが的確でわかりやすく、届いた添削を読んで、あたかも自分宛ての手紙を受け取ったかのような感覚になりました。メールやSNS、LINEが全盛の今ですが、もらうとうれしい手紙のよさはまた格別です。これからも手紙を書いていこうと、あらためて思いました。

(東京都 萩原博子さん 会社役員)

受講者03

実践的で、確実に力になります!

テキストの例文を見ながら、自分で実際に書くので、確実に力になると思いました。課題も日常で必要となるものばかりで、とてもためになります。講師の方が、+αのアドバイスと、自分の手紙の良いところを、毎回手書きで書いて送ってくださいました。いただいた添削を読むことにすごくワクワクしました!

(大阪府 Y・Oさん 会社員)

添削サンプル

test:test:

当協会の認定講師がていねいに添削します。

受講料

講座内容

 

代金 32,400円(教材費・税込)
送料 全国均一 300円
(別途、後払い決済手数料180円を頂戴します)
合計 32,880円

 

【特典】

手紙文化振興協会が厳選した一筆箋、レターパッド・封筒、

ポストカード等をプレゼント!

 

教材には、課題提出の際にお使いいただく封筒を同封しています。

郵送に必要な切手代(82円)だけ、ご負担ください。

 

支払い方法

通信講座のお支払いは、教材到着後の後払いです。


教材到着後、14日以内に後払い決済代行会社(株式会社キャッチボール)よりご請求書が届きますので、そちらをお持ちになり、お近くの郵便局やコンビニでお支払ください

 

法人名での領収書が必要な方は、別途、発行しますので、その旨、お申しつけください。

 

 

 

 

資格認定について

すべての課題が修了したら、教材に同封している申請書を使って、「手紙の書き方アドバイザー(R)2級」資格を申請してください。


申請には別途、1500円が必要です。

申請後、約2~3週間後に認定証をお送りします。

 

 

なお、本講座は、資格取得を目的としない人にも受講していただけます


たとえば、

■気の利いたひと言がさらりと書けるようになりたい人

■正しい言葉づかいや敬語のつかい方を学んで、まわりと差をつけたい人

■文章を書くのが得意になって、自分に自信をつけたい人

 

は、どなたも受講対象者です。

 

 

 

 

通学講座スケジュール

日にち

時間 場所

担当講師

申込

◎4月土曜講座(全2回)
4月15日・29日(土)
10:00~12:00

東京(協会事務局)

青木多香子 募集終了

◎4月〜金曜講座(全3回)
4月28日・5月26日・6月23日(金)

(本講座の主催者は、世界文化社・セブンアカデミーです。受講ご希望の方は、セブンアカデミーにお申し込みください。「申込」をクリックすると、セブンアカデミーのサイトに移動します。)

15:00~16:30

世界文化社セブンアカデミー(東京・市ヶ谷)

青木多香子 申込

◎6月日曜講座(全2回)
6月11日・25日(日)

10:00~12:00

東京(協会事務局)

青木多香子 募集終了

◎7月火曜講座(全2回)
7月4日・18日(火)

(受講ご希望の方は、JEUGIAカルチャーセンターにお申し込みください。「申込」をクリックすると、JEUGIAカルチャーセンターのサイトに移動します。)

18:45~21:15

大阪(JEUGIAカルチャーセンターなんばパークス)

おかもと円果 申込

◎7月日曜講座(全2回)

7月9日・23日(日)

10:00~12:00

東京(協会事務局)

青木多香子 申込

◎9月日曜講座(全1回)

9月10日(日)

13:00~17:00 東京(協会事務局) 青木多香子 申込

◎10月日曜講座(全1回)

10月8日(日)

13:00~17:00 東京(協会事務局) 青木多香子 申込

◎11月~土曜講座(全2回)

11月25日・12月9日(土)

10:00~12:00 東京(協会事務局) 青木多香子 申込

講座お申し込み

通信講座のお届けは約10日後、代金は安心・便利な後払いです。

認定講座一覧

  • 手紙の書き方アドバイザー®2級認定講座
  • 手紙の書き方アドバイザー®1級認定講座
  • 手紙の書き方コンサルタント認定講座

| 講座案内TOPにもどる

セミナー・講演依頼 受付中

メールやSNSが全盛の今だからこそ、手書きの手紙が見直されています。心に届く手紙術をお話しします。

実績・事例 ご依頼・お問い合わせ

PAGETOP