手紙の書き方アドバイザー®1級認定講座|認定講座案内|手紙文化振興協会

お電話でのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

企業研修・ビジネスマン向け講座




HOME > 講座案内 > 手紙の書き方アドバイザー®1級認定講座

手紙の書き方アドバイザー®1級認定講座

手紙の書き方アドバイザー®1級認定講座

受講の条件

・手紙の書き方アドバイザーⓇ2級資格認定を受けていること

 もしくは、

・手紙の書き方アドバイザーⓇ2級講座と1級講座を同時に申し込むこと


 

資格取得の流れ

手紙の書き方アドバイザーⓇ1級資格を取得するためには、次の2つの講座を受講してください。
 
・通信講座「書きにくい手紙の書き方講座」
・座学講座1日(10:00~17:00 、ランチ休憩1時間
 
  

講座内容

1.通信講座「書きにくい手紙の書き方講座」

お詫びの手紙/お断りの手紙/励ましの手紙/催促の手紙/お悔やみの手紙


<内容>

何気ないひと言でも、とりわけ慎重に言葉を選んで伝えるほうがよい場面があります。

テキストを読み、課題に取り組むと、

お詫び/お断り/励まし/催促/お悔やみといった書きにくい手紙や文章を書く場面においても、スラスラと書けるようになるでしょう。

 

通信講座は、早い人で1か月半、最長12カ月間で修了可能です。

ご自身のペースで取り組んでください。


【特典】

手紙文化振興協会が厳選した一筆箋、レターパッド・封筒、ポストカード等をプレゼント!


 

 

2.座学(含むワークショップ)講座1日

10:00~17:00 6時間 (ランチ休憩1時間)


通信講座を受講するとともに、座学の講座に1日、参加してください。

手紙を書くにあたって、もっとも大切な5つのステップ(紙アイテムの選び方、筆記具の選び方、心に響く文章の書き方、読みやすい文字の書き方、切手の選び方)や郵便の歴史などを体系的に学ぶとともに、手紙の書き方アドバイザー®として活動する方法を学習します。


【講座カリキュラム】

なぜ今、手書きか? 手紙を構成する5つの要素

① 紙を選ぶ

② 筆記具を選ぶ

③ 文章を考える

④ 文字を手書きする

⑤ 切手を貼る

郵便の歴史

基本の敬語NGチェック

言葉のセンスを磨くワークショップ

手紙の書き方アドバイザー(R)1級講師として活動する方法

上記の1.と2.を修了した段階で1級資格を申請できます。



東京で開催する1級講座は、認定講師:青木多香子が担当します。

大阪で開催する1級講座は、認定講師:おかもと円果が担当します。


 


座学講座、受講生のお声

Q.受講していかがでしたか?

 

手紙を書くポイントをわかりやすく教えていただき、早速、実践します!!

万年筆の選び方が聞けて、よかったです。おかもと先生と同じ物が欲しくなりました。

言葉のセンスを磨くワークが楽しかったです。もっとやりたかったです。

日本語を学ぶということをもっと知りたいと思いました。

切手や風景印をこれから楽しみたいです。

 

Q.もっともよかった点と、改善を希望される点を教えてください。

 

おかもと先生が親しみやすい方でした。字がとても素敵でした。

文具についてたくさん教えていただきました。

 

日本語とは、言葉とは、手紙とは…、ということを学びたいです。

 

Q.協会や講師に対するご意見をお聞かせください。

 

日本人が楽しく日本語を学べる場所を創りたいと思っています。

これからも手紙を通して日本語を学びたいです。

よろしくお願いします。

 

(大阪府在住hana 様、30代、保健師)

 

 

Q.受講していかがでしたか。

 

言葉をつむぐことの大切さと、語彙を増やすことが今の私の課題だと感じました。自分に足りているところ、足りていないところがハッキリとわかりました。

 

Q.もっともよかった点と、改善を希望される点を教えてください。

 

ワークがよかったです。イメージして表現することには訓練がいると思うから。

改善希望点は特にありません。

 

Q.協会や講師に対するご意見をお聞かせください。

 

協会と文具メーカーが共同で商品を作ってくれたらいいと思っています。

 

(大阪府在住すー様、50代、会社員)

 

 

Q.受講していかがでしたか。

 

通信講座では学ぶことができなかった、紙の選び方や手紙の歴史を学ぶことができ、とても有意義で充実した1日でした。

また、手紙についてたくさんお話をすることができ、嬉しかったです。

 

Q.もっともよかった点と、改善を希望される点を教えてください。

 

言葉のセンスを磨くワークがよかったです。これまで、印象を伝える際には形容詞しか使っていませんでしたが、音や香りなど五感のイメージを表現することで広がっていくことを学びました。

むらかみ先生にも参加いただき、感激でした。

改善希望点はありません。ありがとうございます。

 

Q.協会や講師に対するご意見をお聞かせください。

 

このたびは座学講座ありがとうございます。1名での参加ということで少し緊張しましたが、リラックスして受講することができました。

青木先生は本当に優しくて、疑問や質問に的確に答えていただけました。ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

 

(西川侑希様、30代、会社員)

 

 

Q.受講していかがでしたか。

 

内容が充実していて、コンパクトにまとめられていてわかりやすかったです。ワークは少しとまどいましたが、自分の言葉の少なさに改めて気づくことができ、でも、向上心につながり、とてもよかったです。

青木先生の全てに、感激しました。憧れのむらかみ先生にもお会いでき、本当に感謝感激です。パワーをいただきました。

 

Q.もっともよかった点と、改善を希望される点を教えてください。

 

実際にやりとりしているはがき等の使い方(楽しみ方)を見れたこと。

実例を見たことで、自分もやってみたいという気持ちが大きくなったこと。

改善希望点はとくにありません。

 

Q.協会や講師に対するご意見をお聞かせください。

 

素晴しい講師の方ばかりで、とても刺激を受けています。

また、”手紙文化”というところによくぞ着目してくださいました、という感じです。

手紙の持つ力を信じて、たくさん勉強したいという気持ちが生まれました。

ありがとうございます。

 

(天貝繁子様、50代、イラストレーター)

資格を取得するメリット

 

手紙の書き方アドバイザー®1級として認定されると、手紙の書き方体験講座を自主開催できます。

全国各地のカルチャーセンター等から協会に講師派遣の依頼がある場合、また、メディアからの取材要請の際に、優先的に紹介します。


認定時に協会から体験講座(標準90分)の講座開講ツール一式をお渡しします。

体験講座開催にあたり、協会にマージン等をお支払いただく必要はありません(受講料はすべて講師の収入にしていただけます)。

 

ほかに、手紙文化振興協会が開催するイベント等に割引価格で参加できます。 

受講料

通信講座「書きにくい手紙の書き方講座」 37,800円(税込)送料全国均一300円
座学講座受講料 38,800円(税・教材費込)
合計 76,900(税・教材費込)

 

 

 

 

 

 

 

お支払い方法

銀行振込(前払い)

 

法人名での領収書が必要な方は、別途、発行しますので、その旨、お申しつけください。

 

通信講座「書きにくい手紙の書き方講座」の教材は、日本郵便にてお届けします。

 

2級+1級同時申込みについて

手紙の書き方アドバイザーⓇ2級講座と1級講座を同時に申し込むと、

受講料10%割引の98,640円(税+教材費込、送料全国均一300円別)となります。


2級座学講座を受講する場合においては、2級+1級同時受講10%割引の適用外となりますこと、ご了承ください。

 

お支払い方法は、銀行振込(前払い)でお願いします。

資格認定について

すべての課題が修了したら、通信講座「書きにくい手紙の書き方講座」教材に同封している申請書を使って、「手紙の書き方アドバイザー1級認定」資格を申請してください。


申請には別途、3,500円が必要です。

申請後、約2~3週間後に認定証をお送りします。

認定証受理後、手紙の書き方アドバイザーⓇ1級認定講師としての活動が可能になります。
 

 

 

なお、通信講座「書きにくい手紙の書き方講座」は、資格取得を目的としない人にも受講していただけます。


たとえば、

  • 「お詫び」「お断り」「催促」といった、少し慎重に言葉を選ばなけばならない場面においても、スラスラと文章が書けるようになりたい人
  • 正しい言葉づかいや敬語のつかい方を学んで、まわりと差をつけたい人
  • 文章を書くのが得意になって、自分に自信をつけたい人

におすすめしています。

お電話でのお申し込みはこちらから

フォームからもお申し込みいただけます

お申し込みフォームはこちら

認定講座一覧

  • 手紙の書き方アドバイザー®2級認定講座
  • 手紙の書き方アドバイザー®1級認定講座
  • 手紙の書き方コンサルタント認定講座

| 講座案内TOPにもどる

セミナー・講演依頼 受付中

メールやSNSが全盛の今だからこそ、手書きの手紙が見直されています。心に届く手紙術をお話しします。

実績・事例 ご依頼・お問い合わせ

PAGETOP