講師として活躍しませんか?|手紙文化振興協会

お電話でのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

<

企業研修・ビジネスマン向け講座




HOME > はじめての方へ > 講師として活躍しませんか?

講師として活躍しませんか?

手紙文化振興協会は、仕事にも趣味にも役立つ手紙の書き方が学べ、手紙の書き方講師になる資格を取得できる日本で唯一の教育機関です。
資格取得後は、講座開催のほか、通信講座の添削、カルチャーセンターでの講師、書籍の監修、テキスト製作といった活躍の場が広がっています。

手紙を書くのが好きといっても、「教えること」については初心者だという方も大勢いるでしょう。
心配はいりません。現在活躍中の講師も同じです。だからこそ、日々、切磋琢磨しながら、新たなチャレンジを繰り返しています。

あなたのスキルや人柄を手紙の書き方講師として活かしませんか。

「今の時代だからこそ、手紙の力を伝えていきたい」。この思いに共感し、ご自身の成長も願う方に賛同していただけたら、心からうれしく思います。

手紙の書き方講師資格について

■手紙の書き方アドバイザー®2級

読み手の心に響く手紙を書くうえでの基本的、かつ実践的なスキルと心構えが習得できます。

 

 

■手紙の書き方アドバイザー®1級

読み手の心に響く手紙を書くうえでの、さらに実践的なスキルと心構えが習得できると同時に、資格取得後は、手紙の書き方体験講座を自主開催できます。


認定時に協会から体験講座(標準90分)の講座開講ツール一式をお渡しします。

体験講座開催にあたり、協会にマージン等をお支払いただく必要はありません(受講料はすべて講師の収入にしていただけます)。

 

ほかに、手紙文化振興協会が開催するイベント等への割引価格での参加が可能になります。

 

 

■手紙の書き方コンサルタント

手紙の書き方講師として活動し、継続的に収入を得るための方法が学べます。

 

資格取得後は、本協会の認定講師としての活動(主に通信講座の添削や、講座講師、書籍監修など)が可能になります。
認定講師としての活動には、協会から既定の報酬をお支払いします。具体的な報酬額については、講座内でお伝えしています。

 

ほかに、次のことが可能になります。

■定期的に行っている「手紙の書き方コンサルタント限定の勉強会」への参加

(原則として参加費無料です。会場費等がかかる場合の実費のみ、負担していただきます)

■インターネット上のグループ「手紙の書き方コンサルタントの会」への参加(無料)

■手紙の書き方コンサルタント認定講座のリピート受講(無料で受講できますが、先輩として受講生をフォローしていただきます)

■手紙文化振興協会が開催するイベント等への割引価格での参加

 

 

自分らしくマイペースに仕事ができる(青木 多香子)

test:

手書きの手紙の温かさに魅かれると同時に、自分らしくマイペースで仕事ができる認定講師になりたいと思いました。

気持ちを伝える手紙の書き方は十人十色。添削を通じて、受講生の思いや工夫に触れられ、「添削」という形で手紙を書くことができるのも、楽しい瞬間です。また、言葉を磨き、成長し続けられる環境にいます。

手紙は、人を元気づけることができるツールです。そんな手紙を自分自身で楽しむだけでなく、よりたくさんの人に広められる認定講師になって本当によかったと心から感謝しています。

 

 

 

新しい世界が広がる(おかもと 円果)

2014年春の受講の際には、現在の自分を想像できませんでした。

認定講師になり、人に伝えていく難しさとともに、楽しさ・やりがいを実感しています。

少しずつですが、自分自身の成長を感じ、新しい世界がひとつ広がりました。

(写真は、2015年2月、体験講座の様子)

 

 

 

既に活躍している講師からのコメント

仲間との出逢いと気づきの連続(大場 敦子)

仲間との出逢いと気づきの連続

仕事上のコミュニケーションの手助けにと始めた手紙の勉強が、いつの間にかその奥深さにハマり、気がつけば仕事になりました!

年齢も境遇も全く違う仲間と知り合えたことが、何よりも貴重な経験です。とても刺激になり、会社でもよい影響があるように感じています。

(写真は、2014年秋サンケイリビング新聞社主催「シティ・ガールズアカデミー講座」の様子)

”自分らしく”を仕事に(斉藤智恵)

認定講師になって、通信講座の添削、取材など新しい世界がドンドン広がっています。
添削は、受講生と手紙のやりとりでコミュニケーションをしているような新鮮で楽しい時間です。
「思いやり」をもって成長し続けられること、たくさんの人に出会えること、認定講師になって期待と喜びでいっぱいです。

言葉に敏感に!(磯野 昌子)

講座を通して言葉を深く知ろうとする意識が強まりました。自分のためになると同時に、手紙好きの仲間にも出逢えました。

「言葉」に敏感になり、日本語の良さを改めて実感する毎日です。 

楽しみ方は無限大(金子 えりか)

手紙をスラスラ書けたらどんなにいいだろう。どんなに楽しいだろう。そう思って気軽に始めた手紙の勉強ですが、学ぶほどに言葉や文章のおもしろさを感じています。

手紙の楽しみ方は無限大! 仕事としてもやりがいがあり、夢が広がります。

夢に一歩前進!(森岡 雅子)

最近まわりからよく「元気だね」「いきいきしているね」「毎日が楽しいでしょう」などと、うれしい言葉を言われます。鏡にうつる自分の顔をジーッと見つめてみても、何も変わっていないのに。

以前に比べ、会話も豊富になった気がします。

日常の全てが勉強の機会であり、言葉への興味が、そのパワーの源です。

セミナー・講演・取材依頼 受付中

メールやSNSが全盛の今だからこそ、手書きの手紙が見直されています。心に届く手紙術をお話しします。

実績・事例 ご依頼・お問い合わせ

PAGETOP