よくあるご質問|手紙文化振興協会

お電話でのお問い合わせはこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから

<

企業研修・ビジネスマン向け講座




HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

手紙の書き方アドバイザー(R)、手紙の書き方コンサルタントとは、どういうものですか。

手紙文化振興協会が認定する資格で、手紙の書き方アドバイザー®2級のほかに、1級とコンサルタント資格があります。
1級資格、及び、コンサルタント資格を取得すると、手紙の書き方講師として活動できます。

 

【手紙の書き方アドバイザー®1級】


手紙の書き方アドバイザー®1級として認定されると、手紙の書き方体験講座を自主開催できます。

認定時に、協会から体験講座(標準90分用)の講座開講ツール一式をお渡しします。
講座開催にあたり、協会にマージン等をお支払いただく必要はありません(受講料はすべて講師の収入にしていただけます)。

その他、手紙文化振興協会が開催するイベント等に割引価格で参加できます。 

 

【手紙の書き方コンサルタント】

 

認定試験に合格し、手紙の書き方コンサルタントとして認定されると、以下の活動が可能になります。
認定講師としての活動には規定の報酬をお支払いします。具体的な報酬額や支払方法等については講座内でお伝えします。

■手紙文化振興協会の認定講師としての活動(通信講座の添削、講座講師、テキスト製作、書籍の監修など)

定期的に行っている「手紙の書き方コンサルタント限定の勉強会」への参加
(勉強会は、原則として参加費無料です。会場費等がかかる場合の実費のみ、負担していただきます)

■インターネット上のグループ「手紙の書き方コンサルタントの会」への参加

■手紙の書き方コンサルタント認定講座のリピート受講(無料で受講できますが、先輩として受講生をフォローしていただきます)

■手紙文化振興協会が開催するイベント等への割引価格での参加

 

 

経験のない私でも、先生になることはできますか?

経験がないからといって、遠慮する必要はありません。現在、活躍中の講師も同じです。
だからこそ、日々切磋琢磨しながら、新たなチャレンジを繰り返しています。

コンサルタント資格取得後は、勉強会やインターネット上のグループ等を通して、手紙の書き方はもとより、手紙の書き方講師として継続的に活動していく方法について、継続的に情報発信・サポートしています。
 

 

教えることに興味はありますが、受講生の募集や運営に自信がありません。

手紙文化振興協会では、講座開催や受講生募集の方法についても、継続的に情報発信・サポートしています。
チラシやパンフレット等の販促用ツールは、無償で提供します。
理事長以下、すでに活躍中の先輩講師たちも、バックアップしていきます。

興味を持っていますが、すぐには講師として活動できません。

将来的に活動したいとお考えの方、今はまだ準備中の方もいらっしゃいます。
ご自身のペースで活動してください。

講座受講料の支払方法は?

【通信講座】手紙の書き方講座

  • 通信講座の受講料は、すべて教材到着後の後払いです

    商品到着後、後払い決済運営会社「後払いドットコム/株式会社キャッチボール」から請求書が届きます。 請求書が届いたらお近くのコンビニ・銀行・郵便局でお支払いください。
    ご利用になれるコンビニエンスストア(全15社、全国40,000店舗以上)
    セブン・イレブン/ローソン/ファミリーマート/ampm/サークルK・サンクス/ミニストップ/デイリー・ヤマザキ/ポプラ/セイコーマート/コミュニティストア/セーブオン/スリーエフ/ココストア/HOT SPARなど


【手紙の書き方アドバイザー®1級、及び手紙の書き方コンサルタント認定講座

  • (前払い)ゆうちょ銀行への振替・振込
    メールで口座情報をお知らせします。 
  • (前払い)クレジットカード決済
    PayPalでの支払になります。メールでPayPalサイトをご案内しますので、PayPalサイトの手順にそって手続してください。

通信講座は、どのような内容ですか。

手紙を書くのに必要な言葉力・文章力を学び、言葉のセンスを磨く講座です。

言葉や文章の書き方の勉強ですから、手書きの手紙にはもちろん、メールや企画書等のビジネス文書、日頃の会話にも活かすことができます。

 

テーマは5つ。それぞれのテーマごとに、テキストを使って学習していきます。

まず、テキストの「気持ちが伝わる手紙例」でポイントを確認し、フレーズや言いまわしを考え、テキストに書き込んでいきます。

学習したことを参考にして課題に取り組み、手紙文化振興協会宛てに郵送してください。

当協会の認定講師がわかりやすく添削した後、協会から受講生のみなさんのところに返送します。

通信講座では、課題は何回提出するのですか。むずかしいですか。

課題はテーマごとに2つあり、全5回、提出していただきますが、中には一度に全課題を提出する方もいます。

むずかしいかどうかの感じ方は人によって異なると思いますが、今のところ「むずかしすぎて、できない」とか「簡単すぎて、やりがいがない」といった声をいただいたことは一度もありませんので、ご安心ください。

通信講座が修了するまでに、どれくらいかかりますか。

すべての課題を提出した時点で修了となります。

集中して一気に学習したい方は、まとめて課題を提出してもらってかまいません。その場合、最短で1~2カ月で修了となります。

申込み日から最長12カ月間は責任を持って添削指導しますので、ご自身のペースですすめてください。

手紙を書くうえでの個別の質問にも応じてもらえますか。

はい、テキストと一緒に「質問シート」を送付しますので、そのシートを利用して質問してください。

問題が解決されるよう、きちんとお答えします。

提出した課題を返却してもらえますか。

いいえ、特別な事情がない限り、原則として返却いたしませんので、ご了承ください。

通信講座を申し込んだのですが、返品できますか。

万が一、お受け取りの商品に落丁、乱丁、破損などがあった場合は責任をもって交換いたします。

商品到着後8日以内でしたら、返送料のみのご負担で返品も承ります(キャンセル料不要、返送料のみご負担ください)。

(家族や友人に)商品を送ってもらえますか。

はい、ギフトとしても承っております。

商品の送付先とは別に、申込みフォームの備考欄にご請求先の氏名・住所・電話番号・メールアドレスを明記してください。

メール(info  アットマーク tegami.or.jp )でも受け付けますので、必要事項を明記してお送りください。

社員に受けさせたい。まとめて申し込むこともできますか。その場合、ディスカウントはありますか。

まとめてのお申込みも可能です。5名様以上からディスカウントいたします。

申込みフォームの備考欄にその旨を明記してお送りください。メール(info  アットマーク tegami.or.jp)でも受け付けています。
おって、協会の担当者からご連絡いたします。

資格取得とは別に、手紙の書き方だけ学べますか。

手紙文化振興協会では、資格取得にかかわらず、手紙の書き方を学びたい方のために、次の講座を用意しています。

 

■通信講座【手紙の書き方講座】

お礼、お祝い、送付、お願い、お見舞いといった基本的な場面での手紙の書き方を学べます。

 

■通信講座【書きにくい手紙の書き方講座】

何気ないひと言でも、とりわけ慎重に言葉を選ぶほうがよい場面があります。
お詫び、お断り、催促、励まし、お悔やみといった書きにくい手紙の書き方を学びます。

 

■手紙の書き方体験講座

当協会で資格を取得した講師たちが、全国各地で体験講座を開講しています。
さらに、全国各地のカルチャーセンターが主催する「手紙の書き方講座」でも、講師たちが講座を行っています。
ぜひ、それらの講座にご参加ください。 

 

その他の質問について

問い合わせフォームから質問を明記してお送りください。協会の担当者からご連絡いたします。

取材・執筆・講演依頼等について

問い合わせフォームから必要事項を明記してお送りください。協会の担当者からご連絡いたします。

セミナー・講演・取材依頼 受付中

メールやSNSが全盛の今だからこそ、手書きの手紙が見直されています。心に届く手紙術をお話しします。

実績・事例 ご依頼・お問い合わせ

PAGETOP